まさに楽園!マンダリンオリエンタルホテル

数年前にタイへ行った時に、マンダリンオリエンタルホテルに宿泊しました。

このホテルは、ずっと前からいつか泊まりたい!と思い続けていた憧れのホテル。

バンコクを流れるチャオプラヤー川沿いには高級ホテルがいくつか

建っていますが、近代的なホテルもある中、マンダリンオリエンタルホテルは

歴史のある老舗なコロニアルホテルなのです。

ロビーに入ると、高い天井とセンスの良いオリエンタルなインテリアに

まず圧倒されます。

そして心地よい音楽が流れているのですが、これがスピーカーから

流れる音楽ではなく、生の3重奏(チェロとビオラとコントラバスだったか…

楽器ははっきり覚えていないのですが)による演奏が行われているのです。

もう全てが本物。そういった印象です。

そして驚いたのが、ベッドメイキングが一日2回ある事。

普通は朝起きて、その後外出している間に一度行われるだけだと思うのですが、

一度部屋に戻り、ベッドに腰掛けたりして乱してしまったまま再度外出すると、

夜部屋に戻った時に、またきちんとベッドが綺麗になっているのです。

枕の上に蘭の花一輪とメッセージカードが添えられている事も。

私が宿泊した部屋はグレードはそんなに高い部屋ではなかったのですが、

それでも十分広くインテリアも素敵で、サービスも最高でした。

5日間の滞在の間、3回ほどフルーツが部屋に届いたのですが

その時一緒についていたフィンガーボウルには薔薇の花びらが

散らばられていて、女王様になったような気分になりました。

本当に楽園のような素晴らしいホテルです。

タイのホテルでは日本語が話せる人の求人募集をたまにみかけます。日本人はよき観光客として認識されているからなのですが、タイ人もすごいです。日本語が話せる人も多いんですよ。

日本から転職してタイのホテルで勤務しようとしてるひとは難しいかもしれませんね。