タイのシューズブランドに注目!

その昔「タイは若いうちに行け」というキャッチコピーに乗せられて行ったとき、

ファッション系のお買い物と言えばタイシルクと、偽物のスニーカー、変な日本語のTシャツぐらいでした。

街のファッションもTシャツに短パンといったラフなものが主流で、

女性でキャミソールワンピースなどを着ているような人は夜の商売のお姉さん、という印象でした。

あれから15年以上が経った今、とあるタイのシューズブランドが日本を賑わしています。

そのブランドは「mywarisa(マイワリサ)」

http://www.mywarisa-online.jp です。

タイの女性デザイナーさんが自分が履きたいフラットシューズがないことから、

自作し、フリーマーケットで売り始めたのがきっかけで、2010年にバンコクにお店を構えたのだそう。

たちまち人気となり、その後日本でのネット販売が好評だったことから

2013年7月に東京・代官山にもショップができました。

開店時にはタイ人イラストレーター、ウィスット・ポンニミットさんの人気キャラクター、

マムアンちゃんが描かれたフラットシューズが販売され、大反響を呼びました。

そのシューズはシンプルで履きやすい統一フォルムのフラットシューズで、

柄布からレース、メタリックなど様々な素材でバリエーションを出しています。

プライスはおよそ9000円(日本での価格)とお手頃ですが、タイでは約半額で買えるとの情報も。

15年前はお世辞にもファッション先進国というわけではなかったタイですが、

徐々にワールドワイドのトレンドに追いつき、今では世界にそのファンを持つまでになったのです。

いま、タイの国で仕事をしたいという日本人が増えているそうです。

タイに転職していくときに、シューズブランドを視野にいれるのも一考ではないでしょうか。

タイには魅力的な食べ物がたくさんある

日本から行ける海外旅行先として人気のあるタイは、非常に魅力的な料理がたくさんあります。

日本でもタイ料理は人気の海外料理の一つで、至る所で食べることができるようになりました。

日本で食べられるタイ料理は、一般的なグリーンカレーやレッドカレー、トムヤンクンといった有名な料理がおおくなります。

本場タイでもそういった料理は人気があり、現地で食べるとまた格別の味になります。

しかしタイ旅行に行ったら、そのような定番だけではなく現地ならではの料理にチャレンジする価値は非常に高いです。

タイ料理の中で人気がある料理にプーパッポンカレーがあります。

渡りガニを卵で炒めてマイルドにした料理で、日本でも扱っているタイ料理屋はいくつかあります。

現地のプーパッポンカレーでおすすめなのは、ソフトシェルクラブという殻まで食べられる蟹を使った料理です。

殻というと固いイメージが強いですが、ソフトシェルクラブは非常に柔らかく癖のない味で楽しめます。

日本だと少し高い値段になりますが、タイで食べると非常に安く食べることができます。

その他にもタイ風すき焼きや、鶏肉を使ったカオマンガイなどがタイには美味しい料理がたくさんあります。

タイ料理というとスパイシーなイメージが強いですが、実は辛くない料理は非常にたくさんあります。

現地のタイ人などは、辛いものが好きではないという人もかなり多いので、スパイシーなイメージとは遠い料理も堪能できます。

タイ料理は世界的にも注目されていて、ヘルシーなものが多いといった特徴もあります。

味も絶品な料理はたくさんあるので、料理を食べるためにタイに行く価値はかなり高いです。

タイから転職して日本にてお店を開業している現地人も多いです。彼らは日本語が堪能で料理の腕もすばらしいです。

屋台が魅力!タイの食事情。

タイの首都・バンコクには、至る所に屋台があります。

夜だけでなく、朝早くからオープンしています。そう、タイ人の朝は早いのです。

バンコク周辺はとくに著しいのですが、タイの道路は時間によって大渋滞が起こるため、それを避けるべく、少しでも早起きして出勤する人が多いです。

バンコクの屋台は、朝6時くらいから開いています。朝食ならば、日本円で一人100円以内で大満足できます。

朝食の時間帯が終わると、屋台は一度閉店し、次はお昼時、そして夕食時にまた店を開けるという方式で営業しています。

バンコクであれは大型のデパートやショッピングモールのような所にある、フードコートでも一般的なタイ料理を味わえますが、個人的には屋台のワイワイした感じが好きです。

フードコートも屋台も、登場するメニューは似たようなもの。違うのは、価格と衛生面です。

フードコートは屋台の1.2~1.5倍くらいの価格帯ですが、屋内で飲食する所がほとんどなので衛生的です。

屋台は不衛生極まりないお店もたしかにあります。が、日本では清潔に暮らしている私でも、タイでお腹を壊したことは一度もありません。

ただ、一年中高温なタイですから、旅行者であれば生ものを食べる場合には注意した方が良いでしょう。

安全なのはやはり日本食レストランやタイでも比較的衛生的なレストランです。屋台は日本人のおなかを壊す可能性がありますから要注意ということです。

現地の日本食ショップには日本から転職してタイで生活している人もいます。

タイの人は屋台の料理をビニール袋に入れて持ち帰り、自宅の食器に開けて食べるということもよくしています。

熱いスープ系の料理も、屋台の人は上手に袋に入れてくれます。ビニールが溶けないか心配になりますが、大丈夫みたいです。

安くて種類が豊富な屋台料理は、外食だけでなく、タイの家庭の食卓も楽しませてくれる存在です。

まさに楽園!マンダリンオリエンタルホテル

数年前にタイへ行った時に、マンダリンオリエンタルホテルに宿泊しました。

このホテルは、ずっと前からいつか泊まりたい!と思い続けていた憧れのホテル。

バンコクを流れるチャオプラヤー川沿いには高級ホテルがいくつか

建っていますが、近代的なホテルもある中、マンダリンオリエンタルホテルは

歴史のある老舗なコロニアルホテルなのです。

ロビーに入ると、高い天井とセンスの良いオリエンタルなインテリアに

まず圧倒されます。

そして心地よい音楽が流れているのですが、これがスピーカーから

流れる音楽ではなく、生の3重奏(チェロとビオラとコントラバスだったか…

楽器ははっきり覚えていないのですが)による演奏が行われているのです。

もう全てが本物。そういった印象です。

そして驚いたのが、ベッドメイキングが一日2回ある事。

普通は朝起きて、その後外出している間に一度行われるだけだと思うのですが、

一度部屋に戻り、ベッドに腰掛けたりして乱してしまったまま再度外出すると、

夜部屋に戻った時に、またきちんとベッドが綺麗になっているのです。

枕の上に蘭の花一輪とメッセージカードが添えられている事も。

私が宿泊した部屋はグレードはそんなに高い部屋ではなかったのですが、

それでも十分広くインテリアも素敵で、サービスも最高でした。

5日間の滞在の間、3回ほどフルーツが部屋に届いたのですが

その時一緒についていたフィンガーボウルには薔薇の花びらが

散らばられていて、女王様になったような気分になりました。

本当に楽園のような素晴らしいホテルです。

タイのホテルでは日本語が話せる人の求人募集をたまにみかけます。日本人はよき観光客として認識されているからなのですが、タイ人もすごいです。日本語が話せる人も多いんですよ。

日本から転職してタイのホテルで勤務しようとしてるひとは難しいかもしれませんね。

タイ国は日本に友好的な文化

日本からの海外旅行先として人気のあるタイは、非常にフレンドリーな人種で日本に対しても有効的な国です。

年中暑い気候ながら穏やかな人が多く、首都のバンコクや常夏の海で有名なプーケットなど観光地もたくさんあります。

文化としては仏教文化になり、宗教を重んじる人がほとんどです。

街を歩いていると、至る所で礼拝をしている人々の姿を見ることもできます。

しかし厳格な国というわけではなく、かなりアバウトな部分も多いといった特徴もあります。

タイでも特に若者は日本に非常に感心が高いといった特徴があります。

日本の歌手や俳優などを好む人達も多く、街を歩いていると日本の写真などを扱ったショップもあります。

TVもNHKや日本のアニメなどが人気があり、タイ語になりますが見ることもできます。

日本人の友達を作りたいという若者も非常に多く、日本人の友達募集の掲示板などもあります。

国としては昔から関係が強いわけではありませんが、アジアの中でもタイは日本に注目を集めています。

旅行などではなかなかタイ人に触れ合う機会は少ないかもしれませんが、大学生などで個人旅行をしている人はタイ人との交流をしている人もたくさんいます。

日本の大学とも交流があるタイの大学もあるので、今後は更なる発展が期待できます。

海外は未知の世界といったイメージがあるかもしれませんが、タイは日本に友好的な国なので一度は訪れておくことをおすすめします。

料理や気候のイメージが強い国ですが、人柄もおっとりとして優しい人が多い魅力的な国です。

タイ王国とは

キックボクシングや、舞踊、笑みの国などと言う言葉でも知られるタイ王国は、東南アジアの亜熱帯地域に位置する国です。

立憲君主制の仏教国家として知られ、漢字では泰、20世紀初頭にはシャムなどとよばれていた国でもあります。

国土の広さは日本の1.4倍、言語はタイ語、人口は6600万人程で日本の半分ほどであり、多くがタイ族の他に華僑やマレー族、山岳少数民族から構成されています。

首都はバンコクですが、その正式名称は非常に長く、タイでは冒頭の一文をとってクルンテープとよばれてもいます。

日本との縁も古い国で、アユタヤには日本人街があったといい、山田長政が南部の知事職についてもいます。

また、現在でも日本の皇室との交流も親密でもあります。

戦後は序々に工業国へ模索をはじめ、日本企業の進出も盛んで高度経済成長がはじまり、インフラの整備もされてゆきます。

しかし、1997年のアジア通貨危機で経済は一時停滞、現在では中国企業の進出などもあり、高い経済成長を維持しています。

主要産業としては、農業の就業率が40%を占めますがGDPに占める割合は12%、製造業は就業者15%ながらGDPは34%を占めて、輸出の90%あまりとなっています。

又、数年前の大雨の洪水により工業地帯が水没し、ハードディスクの製造に支障が出て値段が高騰した事などが、ネットでは話題になったこともありました。

しかし、政治的には大戦後から16回のクーデターや計画が発覚したり、現在も前首相派と現首相派との主権争いなどが度々繰り返され、今も騒乱が続いています。

民族色の強い国タイ、仕事でのお付き合いも考えよう

タイはとても民族色が強い仏教の国です。
仏教を国全体で重んじる国なので、公立の小学校も寺小学校というネーミングが付いている場合があります。だから一週間の授業の中にも宗教を学ぶ科目があります。そしてタイでは毎年4月にソンクランという水かけのお祭りがあって、ワットと呼ばれる寺院にお参りに行って先祖の霊や家族の事をお参りした後に家を掃除して清めます。

このソンクランの日は、外ではみんながお互いに水をかけ合います。この風変りなお祭り騒ぎを観光する外国人も毎年多くタイへ訪れます。他にも5月にはブンバンファイというお祭りがあって、竹で出来た手作りのロケットを田んぼの中で打ち上げます。

そして11月にはロイ・カートンという水の神様への感謝の気持ちをこめて、川にとうろうを流すお祭りがあります。とうろうはバナナの葉にろうそくを立てて作ります。さらに11月には、300頭の象を集めて行うスリンという像祭りがあります。スリンというのは、タイの首都バンコクにある小さな町の名前です。きれい着飾った像のパレードや像対人間の綱引き、像の丸太運び競争といった世界的に見ても風変りなお祭りなので、世界中から観光客が訪れるタイでも大きなイベントの一つとなっています。

こんな風に神を重んじ昔から受け継がれている文化を継承していきながら、1年の節目をお祭りで区切っていくタイ人の生活に、人と自然との関わり方や活かし方の精神を学ぶのでした。

タイ人の精神や文化は仕事面でも現れる場合があります。わたしの知人でタイに転職して働いている人は現地のタイ人とも一緒に働いています。日本での仕事のやり方と違ったり納期に対する考え方もゆるいようで、なかなか最初は苦労していたようです。

ビーチリゾートならタイ!

タイといえば日本から手軽にいけるアジアの人気都市です。バンコクは発展していて色々なショッピングや食を安価で楽しめます。

でもお勧めしたいのは、タイのビーチです。

有名なのはプーケットやサムイ島、パタヤビーチなどかもしれませんが、

それ以外にもたくさんのきれいですごしやすいビーチがあります。

僕がおすすめするのは、バンコクからも比較的近い、サメット島です。

この島はまだ日本ではあまり知られていないというのが一つのメリットです。

ですから日常から解放された雰囲気を存分に味わうことができます。

別のメリットは、とにかくキレイなんです。鳴き砂のビーチとしても知られており「キュッ」と音がします。

白いサラサラの砂地のビーチと遠浅の海は時間を忘れてしまうほどです。

特にサイゲーオビーチがキレイですのでおすすめです。

サイゲーオビーチの周りは比較的お店も多いので便利ですよ。セブンイレブンなどもあります。

夜になるとファイアーダンスを見られるレストランもありますので、日が暮れてからも楽しめます。

唯一残念なのは、日本人の観光客はほとんどこないので、日本語は全く通じないことです。英語は通じます。

そして日本円の両替も私がいった数年前まではできませんでした。

ですから、バンコクでバーツか米ドルに両替しておく必要があります。

何もない島で、ゆっくりと海で遊んだり、夕日を見て楽しんだり、現地の文化に触れることが出来ます。

「微笑みの国」らしく島の人たちは穏やかな人たちばかりです。

観光ではなくリゾートとしてぜひ訪れてみてください。

様々な魅力に溢れるタイ王国

長引く不況によって、海外旅行の予算なども下がった現在、海外旅行では東南アジアが人気です。

東南アジアの中でも、タイは他の国に負けず劣らずの魅力的な国で、高い人気を誇ります。

タイは、インドシナ半島の南側に位置する国家で、ミャンマーやマレーシアに囲まれた温暖な国です。

首都はバンコクで、非常に有名でニュースやテレビ番組などでもよく目にする都市でしょう。

正式名称をタイ王国というだけあって王室が存在しており、タイ王室と日本の皇室は非常に親交が深く、その影響からか東南アジアでは一番日本と仲が良いと言っても過言ではありません。

特に現在の国王であるラーマ9世はタイ国民からの人気が非常に高く、政府と国民の間でデモ活動があっても国王の誕生日の前後は休戦するというぐらいの人気です。

日本の工業を支えている国としても有名で、特に日本の自動車業界はタイに進出している企業が殆どです。

また、家電メーカーの他にもパソコンのパーツなどもタイで生産されて日本に輸入されていることが多くなっており、タイの貿易・投資・援助額は日本が最大の取引国となっています。

タイの都心部では、現在急速に発展が進み都市を築き上げていますが、地方に行けば都心とはまた違った自然溢れる景色を楽しむことが出来ます。

そして忘れてはいけないのがタイに存在する寺院や世界遺産です。

これらはタイの観光業の目玉となっているもので、世界中から観光客を集める要因になっていますし、日本でもこれらを取り上げられることが多いのでタイのイメージとして非常に根強い物になっています。

他にもタイには料理やマリンスポーツ、その他もろもろの魅力が満ち溢れています。

外国人旅行者に対する危険というのもそこまで高いものでもありませんから、海外旅行の場所としては非常に有力な候補となりえる国なのです。

タイに転職して行く前に知っておきたいこと

タイは面積が日本のおおよそ1.4倍の約51万4000平方m、しかし人口は日本の半分ほどの約6500万人の国です。

タイの人々の食生活は、米が主食で、食文化に関しても日本とよく似ています。おかずも日本人が好むようなものが多く、旅行の際に不安になる食事に関しても安心して行けるという魅力がありますね。

しかしながら、日本とは違うのが、その衛生面です。まあ日本というのは、世界中でも食事に関する衛生意識というのは非常に高いのですが、タイにおいてはあまり良くありません。特に食材の管理体制に至っては、気温の高さにも関わらず、簡易的な保存方法といったものです。

次に、タイで使われている通貨はタイバーツというものです。常に変動はしますが、おおよそ1バーツが2.5円~3.4円程度です。また物価が非常に安いというのは大きな魅力の一つですね。最高級ホテルでもお手軽価格で宿泊することも出来ます。

そして、少し面白いというか、日本ではなかなかお目にかかることのないシステムがトイレです。日本では、公衆トイレというのが色んなところにありますが、タイでは基本的にありません。大きなお店などではトイレはあるのですが、なんと有料です。だいたい4バーツ程度の料金が必要となります。

また、トイレを使用する際には、日本のようにトイレットペーパーが常備されていませんので、ポケットティッシュなどを持っておきましょう。

最後に治安に関してですが、基本的に安全です。

ただし、あくまで世界的に見てのお話で、日本と比べると少し劣ります。特に危険地域に指定されているところもありますので、そういったところへは行かないようにするのが賢明です。

タイへの転職や移住については「タイ転職ナビ」というサイトが役に立つと思います。